スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第一原子力発電所廃炉にかかる時間

下記記事によると、廃炉まで最低10年はかかるそうだ。

福島第1原発「廃炉に10年」 東芝がロードマップを提出(産経ニュース、2011.4.8 11:47)

 福島第1原子力発電所の原子炉を製造した東芝が米原子力企業3社と共同で、同原発1~4号機の廃炉に向けたロードマップ(工程表)を東京電力と経済産業省に提出したことが8日、分かった。今後5年をめどに原子炉圧力容器内の燃料棒や貯蔵プール内の使用済み燃料を撤去。10年後にはすべての機器や関連設備も撤去し、更地にする。


その後、海外の専門家によると廃炉まで最長100年かかる可能性があるという記事が出た。

「廃炉・除染に最長100年」 英科学誌に専門家ら(asahi.com、2011年4月13日11時41分)
 福島第一原発の廃炉や敷地の除染などには「数十年から100年かかる可能性がある」――。英科学誌ネイチャーは、11日付電子版で、米スリーマイル島(TMI)原子力発電所事故を経験した専門家らの見方を掲載した。

 記事によると、福島第一原発の建設の一部を請け負った東芝による「10年程度」という廃炉計画について、TMI処理の経験者は「福島第一原発でははるかに時間がかかるだろう」と述べている。原子炉が安定しておらず、さらに放射性物質が大量に放出される可能性も残っているからだ。


そこで、上記記事の元ネタと思われるネイチャーの記事(Fukushima set for epic clean-up(4月11日付電子版))の要約を紹介する。この記事では廃炉作業に必要な期間について詳しく述べられている。確かに10年では終わりそうにない。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:hosohashi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。