スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビの視聴率低下について考える(テレビ番組制作費減少と視聴率低下の関係)

苦境に立つテレビ業界(1):テレビ局の経営状況というコラムでは、キー局(日本テレビ・TBSなど)を取り巻く経済状況等を分析した後、テレビ局は次のような負のサイクル(①→②→③→④→①→…)に入ったと書かれていた。
 ①広告収入が減ると、テレビ局は利益確保のためにコスト削減に着手する。コスト削減でもっとも手っ取り早いのは番組制作費を削る事である。。
 ②番組制作費を削ると、当然のことながら、粗製乱造につながり、番組の質を低下させる。
 ③番組の質が低下すると、テレビ局の命とも言える視聴者が減り、視聴率が低下する。
 ④視聴率の低下は、スポンサー企業を益々テレビCMから遠ざけ、広告収入をさらに減少させる。こうして、テレビ局にとって、もっとも避けなければならない「負のサイクル」が完成してまうのである。


私は、この負のサイクル論とは異なり、次のようなテレビの衰退シナリオ(次のⅠ→Ⅱ→Ⅲ→Ⅳ)を考えている。
 Ⅰ.娯楽(インターネット・ゲーム等)の多様化・視聴者の多様化・少子高齢化
 Ⅱ.上記多様化に伴い、テレビの視聴時間が減少するため視聴率低下
 Ⅲ.視聴率が低下すれば、広告収入減少によりテレビ局の収益が悪化
 Ⅳ.収益悪化に伴い、番組制作費が減少(テレビ番組の低予算化)

私の衰退シナリオが、上で引用した負のサイクルと違う点は以下のとおりである。
 ・Ⅰを衰退の根本原因としている。
 ・テレビの衰退は、サイクル的ではなく直線的・一方向的に起こる。
 ・番組の制作費と番組の質とは無関係である(詳細は本記事の後半で述べる)。

Ⅰが続く限りはテレビに視聴率・収益・番組制作費は下がり続けていくだろうが、テレビを見る人が0になることはないのでいずれどこかで下げ止まるはずである。ただ、ここしばらくは視聴率は下げ続けると思われる。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : TV
ジャンル : テレビ・ラジオ

NHK紅白歌合戦の視聴率について調べてみた

かつて、NHK紅白歌合戦は視聴率トップを独走していたが、最近はかつての面影はなく紅白の視聴率低迷に関する話題が多い気がする。

そこで本記事では
  ・かつてのNHK紅白歌合戦の視聴率はどの位だったのか
  ・視聴率低迷の原因は何か
調べてみた。

続きを読む

テーマ : NHK紅白歌合戦
ジャンル : テレビ・ラジオ

NHK 紅白歌合戦 出場回数別の歌手数分布

下記のニュースにあるように今年(第62回)もNHK紅白歌合戦(公式サイトWikipedia)の出場歌手一覧が決まった。そこで、第1回(1951年)から第62回(2011年)までのすべての出場歌手(グループ)に対し、出場回数別に歌手数をカウントしそのグラフを作成した。また、歌手の出場回一覧表も作成したので、これを見ればどの歌手が何回から何回まで何回出場したのかが一目でわかる。

紅白歌合戦出場歌手発表 芦田・鈴木の子役コンビが最年少出場 ユーミン、長渕剛らも 最多出場は北島三郎(産経ニュース 2011.11.30 16:52)
NHKは30日、大みそかの第62回紅白歌合戦の出場歌手を発表した。出場は昨年より11組多い計55組。初出場は、紅組が芦田愛菜、KARA、神田沙也加、椎名林檎、少女時代、白組が猪苗代湖ズ、鈴木福で計7組。最多出場は48回の北島三郎。


続きを読む

テーマ : NHK紅白歌合戦
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

Author:hosohashi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。